サラリーマンができる不動産投資とは?

不動産投資をする方というのはどのようなイメージを持たれるでしょうか。資産運用や、将来を考えて不動産投資に興味を持っている方も多いことでしょう。そんな中不動産投資は、サラリーマンに最適であるとも言われています。その理由はいったい何なのか、またサラリーマンができる不動産投資はどのようなものがあるのかご紹介しましょう。

サラリーマンに向いている理由

不動産投資がサラリーマンに最適な理由はどんなことでしょうか。その大きな理由として挙げられるのは、融資を受けることができるということです。不動産投資を始めるにあたり、決して安くないまとまった金額が必要になります。しかし、そういったお金を用意できない場合は、金融機関からお金を借りる必要があるでしょう。金融機関は、社会的な信用が見込める方のみに融資を行います。社会的な信用とは、満20歳以上かつ年収200万円以上の安定した収入がある方を指します。サラリーマンは、この条件にマッチしており、不動産投資を始めやすい特徴をもっているのです。

サラリーマンにできる不動産投資

サラリーマンに不動産投資が向いているとは言っても、不動産投資にかける物件には様々なタイプがあります。そこで、サラリーマンが投資の対象として選ぶべき物件をご紹介しましょう。

・古い戸建て住宅

古い戸建て住宅とは、具体的に言うと500万円以下の住宅を指します。だいたい築30年以上で傾きなどの可能性もある物件ですが、それを格安リフォームするというものです。リフォームする分の手間がかかりますが、年収がそれほど高くないという方でも始めやすいのが特徴です。

・区分マンション

都心部のマンションのうち1部屋を購入し、単身者向けに賃貸する方法です。サラリーマンが不動産投資をする場合、こうした物件を選択する方が多く、書籍や不動産投資の資料なども豊富にあります。ただ、より安定した成果を得るためにも、事前にこうしたタイプの物件における不動産投資について正しい知識を付けて挑戦するようにしましょう。

・一棟アパート

年収が高めなサラリーマンは、思い切って一棟アパートにチャレンジするというのもオススメです。家賃収入が多いので、拡大するスピードも早いです。情報収集して正しい知識を身に着けて成功を収めれば、将来的に本や雑誌で掲載される可能性もあるのではないでしょうか。

安定した収入のあるサラリーマンは、不動産投資に最適です。しかし、いざ不動産投資を始めるのであれば、正しい専門知識を身に着けるための情報収集は必ず行うようにしましょう。また、自分が始めやすい物件から始めるというのも方法の1つです。不動産投資にチャレンジしてみたいという方は、検討してみてはいかがでしょうか。

海外での不動産投資のメリットとは?

資産運用のため、不動産投資を行っている方は日本国内においても少なくないでしょう。不動産投資における収益は、安定的に得られるケースと不動産価格値上がりの影響を受けるケースとに分かれますが、どちらに関しても人口拡大と経済成長率の高い国で投資する方がより成果が得られやすくなるのが特徴です。そこで、海外不動産投資のメリットを紹介していきます。

海外不動産投資の魅力

海外では、人工が増加しており、安定的な経済成長を続けている国もあります。このような国は、人口増加に伴い住宅需要も拡大し、国民所得や物価も上昇する傾向にあるのです。そのため、将来的に家賃も上昇しやすく、不動産投資をするには大きなメリットとなることがわかるでしょう。

その一方で、日本は都市部を除いて不動産投資が厳しい状況に陥っています。今後日本では本格的に人口が減少していくことが予想されており、その影響で住宅需要の縮小も加速していくことがわかっています。総務省の住宅・土地統計調査によれば、日本の賃貸住宅は2008年頃から徐々に空室率は高まってきているといいます。将来的に住宅需要が減退することは容易に想像でき、それと同時に日本における不動産投資は家賃下落や高い空室状況などによる厳しい状況となっていくでしょう。こうしたリスクを考えると、人口増加によって高い経済成長が見込まれる海外での不動産投資は、国内において不動産投資を続けていくよりも安定的な成果を得ることができるのです。

海外不動産投資をするなら

海外で不動産投資をするにあたって、どの国で始めるのが望ましいのでしょうか。例えば、先進国において最高水準の人工の増加を誇るアメリカは、住宅の家賃相場が安定しており、不動産投資においても安定した上昇が見込まれます。しかしそれ以上に、年2%近くの人口増加を続けるフィリピンは、年平均5%ほどの高成長を達成しています。フィリピンのマニラ首都圏の高級コンドミニアムの賃貸利回りを見ると、アジアにおいて最高水準となっているほどです。こうした影響で家賃も長期的な上昇傾向が期待できるでしょう。

まとめ

海外不動産投資魅力とメリットをご紹介してきましたが、いかがでしたか。海外での不動産投資と比べると、国内での不動産投資はリスクが非常に高いことがわかります。資産運用のために取り組みやすい不動産投資を検討している方もいるでしょう。
しかし、海外不動産投資という方法も視野に広くみても良いのではないでしょうか。

株式会社ウイングエステートの事業内容

株式会社ウイングエステートでは、不動産関連を中心に様々な事業に取り組んでいます。具体的にどのような事業を行なっているのでしょうか。今回は株式会社ウイングエステートの事業内容や強みについて詳しくご紹介していきます。

株式会社ウイングエステートの概要・特徴

株式会社ウイングエステートは、平成15年6月に設立された会社で、現在東京都港区に本社を構えています。不動産を取り扱う企業ということで、宅地建物取引事業者免許・建築工事業許可・内装仕上工事業許可を取得済みです。また、全日本不動産協会や不動産保証協会、東日本不動産流通機構などの複数団体に加盟しており、より良い不動産事業のための活動を行なっています。

株式会社ウイングエステートでは、全てのスタッフが不動産に関するプロとして利用されるユーザーに対し様々なサポートを実施しており、賃貸物件からマンション・土地に至るまで、不安な点や分からないことがあれば何でも相談に乗ってくれる企業でもあります。

株式会社ウイングエステートの事業内容

株式会社ウイングエステートの事業は7つの事業部によって分類されており、それぞれがその部門のプロとして対応を行なっています。

・アセットマネージメント事業

主に中古マンションやアパートの販売・仲介を担う事業部です。中古物件の販売・仲介に特化したサポートに優れています。

・アセットプラニング事業

新築・中古問わずマンションの販売・仲介から、代理販売やインターネットを活用した販売・仲介、さらにビル・収益物件の売買や不動産経営にまつわるセミナーの実施を担当しています。

・プロパティマネージメント事業

自身が住むためのマンションをリノベーションする事業や土地の卸・開発等の許認可、新築・宅地分譲を行なっている事業部になります。新築からリノベーションまで幅広く担当しています。

・アセットソリューション事業

新築や中古マンション、アパートの販売から相続対策・資産運用などのサポート、セミナーの開催などを行なっています。
相続に不安のある方はこの事業部に相談してみると良いでしょう。

・リーシング事業

個人または法人向けの賃貸・仲介、マンションやアパートの賃貸管理、入居者募集や賃貸借契約、火災保険代理店の業務など、賃貸向けのサポートを行う事業です。

・リノベーション事業

戸建てやマンションのフルリフォームが中心で、その他にも内装期間中に無償で住居の貸出や、一時荷物の預かりなどを行なってくれます。

・ディベロップメント事業

新築や宅地分譲のほか、土地・戸建て・マンション用の土地に関する買い取り販売を実施しています。

株式会社ウイングエステートの強み

株式会社ウイングエステートの強みは、それぞれ細かく事業部を分けることによって専門性の高い事業が展開できるという点が挙げられます。また、事業部間は風通しが良く、事業同士で連帯することもできるのでより幅広い対応・サービスも可能です。サービスの柔軟性は顧客満足度の追求や維持にもつながっており、これらが株式会社ウイングエステートの強みと言えるでしょう。

株式会社ウイングエステートの事業は不動産関連が主ですが、事業部を細分化することによって専門性が高く、柔軟性に富んだサービスを受けることができます。

ライフリビング株式会社

人間の生活の中で欠かせない「住まい」は多くの不動産会社が支え、それぞれの企業で様々な取り組みを実施しています。今回はそんな不動産会社の中でも投資用収益物件などを中心に取り扱うライフリビング株式会社についてご紹介していきましょう。特徴や事業内容などを詳しく解説していくので、ライフリビング株式会社について気になっている方はぜひご参考ください。

ライフリビング株式会社の概要・特徴

ライフリビング株式会社は、東京都渋谷区道玄坂に本社を置く企業で、平成27年8月に設立されました。現在では名古屋市と福岡市に支店を置き、各地域で不動産関連の事業を行なっています。元々ライフリビング株式会社はSBIライフリビング株式会社として、インターネット事業と不動産事業の両方を担う会社でした。

しかし、その後インターネット事業は株式会社ウェイブダッシュとして、不動産事業はライフリビング株式会社としてそれぞれの専門分野を活かし、新しいスタートを切ることになりました。そのため、ライフリビング株式会社自体は設立が平成27年と比較的新しい会社なのですが、SBIライフリビング株式会社自体の不動産事業を引き継いでいるため、1990年創業以降のマンション・アパートの開発・販売ノウハウを持ち、現在では賃貸マンションが約240棟、賃貸アパートが約200棟以上の実績を誇っています。

ライフリビング株式会社の事業内容

ライフリビング株式会社が行なっている事業は、主にマンション開発事業、アパート開発事業、土地の有効活用や売却のご相談、PM事業などです。マンションとアパートの開発事業では都市部を中心に収益につながる物件の開発と販売を実施しています。開発エリアのほとんどが人気の駅から徒歩10分圏内という立地となっているため、入居率も高く、個人投資家の方から事業法人に至るまで、幅広い方に物件を購入されています。

近年は不動産投資に着目される方も増えており、ライフリビング株式会社では安定した家賃収入と入居率の確保についても重点的なサポートを行なっているので安心です。

ライフリビング株式会社の強み

ライフリビング株式会社のマンション・アパートはどれも素敵なデザインマンション・デザインアパートであることが強みと言えます。投資用物件ですからやはり住み心地が良いことはもちろんのこと、憧れるようなマンション・アパートである必要があります。賃料収入を高めるために、無駄なコストを削ぎ落としたデザインを採用しつつ賃料収入を高めるために居住スペースの拡大を行なったり、火災や地震などの災害から身を守るための鉄筋コンクリート壁式構造を取り入れたりしています。

このように、収益物件や土地の有効活用などをメインの事業として取り組んでいます。理想的な不動産投資ができるよう、最大限のサポートを実施しているライフリビング株式会社に注目してみてはいかがでしょうか。

三菱地所リアルエステートサービスについての事業内容

三菱地所リアルエステートサービスでは、不動産の売却や購入における幅広いサポートを行っている企業です。法人や個人資産家を中心とした不動産オーナーへの売買目的・要望に柔軟に応えるべく、市場動向や不動産としてのあらゆるポテンシャルを分析することで、最適なソリューションを実現しているのが特徴です。そんな三菱地所リアルエステートサービスでの事業を具体的に紹介していきましょう。

不動産売買へのサポートも充実

現在、変わりゆく時代の中で不動産の売買においても課題が多いことがあります。そんな中で、ユーザー同士を信頼で結び、不動産を有効に活用していくために取り組んでいるのが三菱地所リアルエステートサービスなのです。不動産流通市場は競争社会でもありますが、発展や信頼性向上を念頭に置き、人と街を大事にできるような取り組みとサポートをしています。三菱地所リアルエステートサービスの具体的な事業内容は、以下の通りです。

  • 不動産の所有と管理・貸借
  • 不動産の管理と貸借・売買の住宅
  • 不動産の売買と仲介・鑑定
  • 駐車場の管理・運営
  • 駐車場の管理・運営の受託
  • 前各号に関連する業務の開発、販売、企画、コンサルティング業務
  • 金融商品取引法に基づく第2種金融商品取引業、投資助言・代理業

このように、不動産に関して多岐に渡るサービスとサポートを実施しています。メーカーやサービス業、流通業、小売・卸売業、個人投資家・プロの投資家など、様々な業種・業態のお客様に不動産の売却、購入のサポートを行っているのが特徴です。

事業戦略や目的に応じたサポートをしていく

どんな事業戦略・目的においても柔軟に対応するべく、お客様の売買目的や背景を丁寧にヒアリングした上で、潜在的なニーズを明確化していきます。三菱地所リアルエステートサービスは、その中で専門的な経験と知識を生かし、マーケット動向を踏まえて最適なプランを提案していくのです。

また、最適なプランを実行することによってより確実に収益の拡大につながるようサポートしていくことができます。新たに土地を購入し、自社ビル建設によって拠点を集約したり、老朽化した賃貸ビルを売却してその資金でマンションを購入したりするというケースなど、あらゆる目的に対応していきます。契約内容に関することはもちろん、その後の運用方法など、様々な側面からトータルでサポートしていけるような取り組みを進めており、信頼のおけるパートナーとして寄り添っていくことができるのも特徴です。

三菱地所リアルエステートサービスでは、不動産について、プロならではの視点からどんな要望やお悩みでも明確化し、最適な解決策へと導いてくれるのです。長年培ってきたノウハウを生かすことで、どんな業種・業態でも幅広く適切なソリューションを提案していくことができると言えるでしょう。

株式会社シノケンハーモニーについての事業内容

2007年5月に設立した株式会社シノケンハーモニーは、東京都港区に本社があります。主に投資用マンションや居住用マンションの開発や販売に取り組んでいる会社ですが、会社概要や事業内容について詳しく見ていきましょう。

会社概要

創業年月日は1990年5月14日となっていますが、株式会社シノケングループによって2007年に資本構成されました。東京都港区の本社を拠点に、名古屋オフィス・大阪オフィス・仙台オフィス・福岡オフィスを構えています。代表取締役・篠原英明氏・三浦義明氏により、業界初の35年の家賃保証や耐震20年保証を掲げ、効率の良い資産形成や運用を行っています。不動産投資は株式やFXなどの金融機関とは違って、比較的低リスクで収入が得ることができるので、節税効果も期待できるでしょう。

事業内容

28年の実績を持つ株式会社シノケンハーモニーは、東証上場企業です。ワンルームマンション経営の立場から資産形成を成功に導くための経営サポートを行っています。投資用のデザイナーズマンションの企画や開発は、入居者目線で住みたいと思える資産価値の高い物件のみを取り上げているため空室防止にも効果的です。中古マンションにおいても好立地なエリアに絞ることにこだわり、建物や設備等は厳しくチェックし基準をクリアしたものだけを優良物件として紹介しています。

特徴・強み

シノケンハーモニーでは、電話勧誘や飛び込み営業は一切行っていません。営業スタイルは、問い合わせや紹介してもらった方のみに物件を提案しています。これは、所有している魅力ある物件に自信があるためです。土地の確保・設計・施工・引き渡し語のメンテナンスまで全てフォローし、投資用アパート・事業用アパート、どちらにおいても納得して物件を購入してもらうことが最も効率的だと考えています。

グッドデザイン賞受賞を誇る実績がある

シノケンハーモニーは、入居率98%以上というハイクラスの物件を提供しています。2016年には、アパート事業において主力商品「New Standard」のBRICKとPLATFORMがグッドデザイン賞を受賞しました。このような魅力的な物件づくりが今後さらに注目される要因となっています。施工から販売、設計に至るまで国内のみならず海外への市場マーケットを拡大しています。

不動産事業は、首都圏や都心部の投資物件に注目している傾向があります。株式会社シノケンハーモニーもまた、首都圏に特化したデザイナーズマンション投資の提案を行っています。人口増加が著しい都心に特化し、今後さらにシノケンハーモニーのような不動産投資の重要性が高まると言えるのではないでしょうか。

株式会社インヴァランスの事業内容

株式会社インヴァランスでは、資産運用のためのマンション投資を提案しています。現在では、マンションの価格がバブル期にくらべてかなり低下。なおかつローン金利も低下しているため、家賃収入だけでも十分に返済をおぎない、利益を上げていくことが可能となっています。

インヴァランスでは、そのような安定したマンション経営を行うために、用地取得からマンション開発、さらに資金計画、購入後の賃貸や建物の管理、そしてアフターフォローまでをトータルにサポートしています。

その流れとしては、まず営業担当との間で、希望する運用プランや物件について相談。そこで、もっとも顧客の条件に合ったマンションを選びます。その後、宅地建物取引士によって手続きの重要事項についての説明が行われ、売買契約と手付金の支払いが行われます。

ローンの借り入れについては、13社の金融機関と提携しているため、こちらも物件選びと同じように、それぞれの資産状況に合わせてもっとも無理のないプランを選ぶことができます。そして、最後に物件の登記を、提携する会計計事務所に依頼。その手続きが完了すれば、いよいよマンション投資のスタートとなります。

このように、インヴァランスでは最初から最後まで、つねに不動産投資の専門家が立ち会うことで、顧客のライフプランなどと照らし合わせ、徹底的に物件を分析してくれます。それにくわえ、立地条件では「東京23区、最寄り駅から徒歩10分圏内」というポイントを重視。

建物も、一級建築士による開発で、「CREVISTA」や「LUXUDEAR」シリーズといった、品質の高い自社ブランドのマンションを供給することにこだわっています。このようなきめ細かいサービス体制を敷くことで、インヴァランスのマンションの入居率は、2016年8月現在で99.41%と非常に高い数値を記録。

だからこそ、長期にわたって安定した家賃収入を実現することが可能となっているわけです。ほかにも、ファイナンシャル・プランナーや税理士などと連携することで、不動産の購入以外のさまざまな問題にも対応。たとえば相続については、購入する段階から、しっかり子供の世代にも資産として残せるようなフォローも行っています。

インヴァランスでは、このようなマンション経営について、専門の講師を招き、一般投資家に向けてさまざまなセミナーを定期的に開催しています。それ以外にも、個別相談や資料請求、物件パンフレットなども無料で提供。初心者でも気軽にはじめることができるのも、大きな特徴のひとつです。

株式会社アイケンジャパンの事業内容

株式会社アイケンジャパンでは、資産形成の一環として、アパート経営の提案を行っています。景気に左右されず、毎月安定した収入を長期にわたって得られるのがアパート経営の大きな魅力。アイケンジャパンでは各種手数料などを省く「CSSコストセーブシステム」の導入によって、土地所有者でなくても少額の資金からはじめることができるのが特徴です。

それを実現するための最大のポイントとが、アイケンジャパンの独自ブランドによる各種アパートです。ロフトと屋上バルコニーを持つリッチな「メゾネティック」、首都限定で都会にマッチした機能性重視の「ライゼスト」、3階建てでワンランク上のスペックの「レガリスト」。メゾネットタイプでぜいたくな作りの「デュプレスト」と、屋上バルコニーでゆとりある空間の「グランティック」には、それぞれファミリー向けの「Fスタイル」も用意。

ほかにも、オーナー住宅と組み合わせることができる「ユニテスト」など、とても多彩なラインナップをそろえています。顧客はこれらのなかから、立地条件やニーズに合わせて、きめ細かく物件を選ぶことができます。また、アイケンジャパンではアパートをただの投資物件としてとらえるのではなく、入居者目線に立った住み心地のよさを重視。そのため、独自技術による防音性や耐震性、さらにセキュリティ面など、他社では見られないような設備へのこだわりを持って開発しています。

エリアは、福岡をはじめ、広島、岡山、関西圏、名古屋、首都圏、仙台の各地で、主要駅から徒歩15分の範囲内に厳選。自社で用意した基準をクリアするまでは、たとえ顧客を待たせても販売することはありません。その理由は、入居者がつねに入り続けるということだけではなく、たとえ建物が経年劣化したとしても、土地としての資産価値を保つことができる、という点にあります。

こうして徹底した品質の高い物件を供給しているからこそ、長期にわたって安定した収入を得ることも可能となっているわけです。アパート建築後は、入居者募集から家賃集金、さらにクレーム対応や清掃などの日常的なメンテナンスまで、すべて24時間体制でサポート。オーナー専用ページからは、自分の所有するアパートの収支明細や清掃状況を、ひと目で確認することができます。

また、賃貸仲介会社との情報交換でつねに空室リストをチェック。それにくわえ、全部屋の入居が決まるまで家賃を保障する「初回満室保証」や「家賃滞納保証」、インヴァランスが一括借上げで家賃保証を行うサブリースも選択することができるので、収入が途絶えることを心配する必要はいっさいありません。ほかにも、税金面については提携する税理士のアドバイスを受けられるなど、アパート経営については万全なワンストップ体制をととのえています。

スカイコート株式会社の事業内容

中古マンション再生流通事業を主軸にし、それに加え、リノベーションによる付加価値を付けて販売してきた株式会社インテリックス。東京証券取引所市場第一部に上場している会社です。事業内容は、仕入・設計・施工・販売・保証といったサービスを一貫して提供している「リノベーション総合企業」となります。

そして、これを軸に新たな事業として取り組んでいるのが、少額資金で不動産投資ができるアセットシェアリングという事業です。従来の中古マンション販売に加え、投資目的で中古マンションを探している人にも利用する事ができる会社となっています。

リノベーションの実績は、18,000件超。毎年1,000件超のリノベーションを行っている会社となります。その上、もっとこだわりのある部屋作りを希望する人には、建築家にデザインを依頼する事も可能。その為、自分好みの部屋作り。また、投資にピッタリの部屋作りを行う事が可能になっていると言えるかと思います。

もちろん、リノベーション済みの中古マンションも数多く保有している為、その中から今すぐにでも住む事ができる中古マンションを選ぶ事もできるようになっています。また、株式会社インテリックスでは、インテリックスのセレクトプランとして、「White Style」「Long Life Style」「Naked Style」が準備されています。

このプランを利用する事で、初めて中古マンションをリノベーションする人も費用の把握を行いやすい他、セレクトプランと言う事で、完成までの時間を短くする事ができるようになります。

このように中古マンションのリノベーションから販売までを行っている株式会社インテリックス。インテリックスグループには、設計・施工を行うリノベーション内装会社である「株式会社 インテリックス空間設計」。中古マンションの仲介をはじめ、リノベーションを前提としたお客さまの購入サポートを行う販売企画会社「株式会社 インテリックス住宅販売」。そして、インテリックスが保有する物件の建物管理会社「株式会社 インテリックスプロパティ」があり、グループ全体で、事業を行う事が可能になっています。

青山リノベーションスタジオでは、毎週、リノベーションの基礎知識や費用のことなどを相談できる相談会やイベントが開催されているほか、予約する事でリノベーションに関する相談を行う事も可能になっています。その上で、プランの提出まで無料で行っているため、費用を気にせず、相談からプラン設計まで利用する事ができる会社となります。

東急リバブルの事業内容

東急リバブルでは、首都圏を中心に札幌から福岡まで日本全国の不動産売買を手掛けています。売買のジャンルは中古・新築マンションから戸建て住宅、土地、建売住宅など様々で、お住まいをお探しの方から不動産投資を検討中の方まで、どんな用途にも対応できることが大きな長所になっています。

賃貸向けの不動産投資に関しては、東急不動産グループ全体のノウハウを徹底活用できる賃貸管理サービスが提供されています。

トラブルが発生した際に対応を一任できるプランをはじめ、管理業務そのものを全て任せられるプランや、コストを最小限に抑えて不動産投資を始められるプランなど、投資家の考えや予算に合ったプランを選択できることが特徴的です。

管理職や営業担当者の宅建取得率は97%にも達しており、専門的な知識を持ったスタッフによるサービスを受けられることも特徴的です。ハード面のみならず、ソフト面に対するサポートやケアも充実しています。

例えばリフォームにおいては、和室を洋風なリビングに改装したいといった相談や、キッチン・お風呂などの水回りの設備交換、手すりの設置によるバリアフリー化、屋根を補修する際の業者選びの代行などを東急リバブルに相談でき、物件の価値を高めて更に高利回りな物件へと仕上げることも不可能ではありません。

東急リバブルは大手企業として関連企業各社との連携も極めて良く、ハウスクリーニングやフロアコーティング、電気サービス、インターネットや電話等のライスラインを依頼・導入する際にも大幅な割引を受けることが可能ですし、家具やインテリアを特別優遇価格で入手することも出来ます。出来る限り抑えたいこれ

らの費用をキッチリと抑えて、理想とするお部屋を低予算で手に入れられることは、東急リバブルならではの長所と言えるでしょう。

全国に張り巡らされたネットワークを駆使し、周辺の相場価格を確実にチェックできることも東急リバブルの自慢です。土地の価格からマンション、そして戸建て住宅まで、そのエリアにおける適正価格を事前に確認することが出来るため、売り時・買い時を逃さず、損をせずに売買を進められます。

より詳しい情報を提供するために、セミナーやイベントを実施していることも東急リバブルの事業内容の一つに数えられます。住宅ローンに関するセミナーからリフォームの相談会、相続対策に特化したセミナーなど、集団・個別を問わずに様々なテーマのセミナーを随時開催しており、不動産売買や不動産投資を検討している方にとって大変有益です。